ARTIST INFO 作家詳細

井上直久

井上直久の高価査定ポイント

作家評価 1948年 ~現在に至るまで活躍している画家・イラストレーター・漫画家。異郷「イバラード」をテーマにした作品を描き、個展や画集を発表。1992年から精力的に活動し、1995年公開のアニメ映画『耳をすませば』中の挿話「バロンのくれた物語」の背景画を制作して注目を集める。2007年にはスタジオジブリが製作した映像作品『イバラード時間』を監督する。
技法評価 版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。井上直久先生の版画作品は主にジークレーとピエゾグラフで制作されています。どちらも版画作品でしか表現出来ないフラットな版面を生み出し、先生ならではの繊細で緻密な表現を美しく再現しています。今では、版画でしか表現できない作風の物も多く生み出されている為、弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 風景作品の中でもファンタジックでスケールが大きく広がりのある作品が人気です。特に絵柄の中で人物が浮遊していたり、佇んでいる作品「イバラード」「多層海星月夜」が高価買取に繋がりやすいです。

イバラードとは井上直久が描く絵画や漫画作品の舞台である架空の国・地名のことです。この世界は魔法が存在しており、人々はシンセスタという思念に反応する鉱物用い、ソルマ(虚像)という技法によって自分の思い浮かべたものを表現します。空にはラピュタと呼ばれる浮島や小惑星が浮かび、町の建造物のほとんどが植物によって覆われております。ジブリ作品の背景も手掛けられた独自の世界観が非常に人気で幻想的な作品です。井上直久先生は、探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

井上直久が考える空想の世界により、イバラードは構成されております。また、イバラードという空想世界は井上直久の居住地でもあります。大阪府茨木市からきており、西はスイテリア(吹田市)、東はタカツング(高槻市)という都市があり、宮沢賢治のイーハトーブ(岩手県)にちなんだものとされています。現実と空想が混じり合い、織りなす独自の世界は見るものを皆を引き付ける。井上直久は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

塔の森に沿って走る電車を待つ少女。木々は風にそよぎ、電車は走る。時は確かに進んでいるが、井上直久の世界はどこか時が緩やかに流れている。独自の不思議な世界観は幅広い世代から非常に人気がある。井上直久は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

光にきらめく一本の銀杏が、秋に染まる工房の日常に彩りを添えている。小さいながらも工房を見守るように寄り添い立ち、柔らかい日差しがノスタルジックな雰囲気を一層深めさせている。穏やかな世界観を描く井上直久は人気が高く需要も高い為、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

壮大で広大な平原に高くそびえ立つ1基の塔。無数の居住地が組み込まれ、確かな人工物として存在しながらも長い年月が経つにつれ木々が生い茂り森と化して、いつしか自然と共存している。井上直久らしいファンタジーな世界観を表現している作品は非常に評価が高い。井上直久は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

畑にできた良いカブを積んで街に出かけます。「私のカブで買えるかな。」星を売るドワーフに尋ねると・・・。街を彩る街灯は少女たちを優しく照らし、メルヘンで幻想的であり、絵本の温かみのある井上直久らしい作品となっている。絵本の表紙にもなったこの作品は人気がある。井上直久は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 井上直久
PAGE TOP