ARTIST INFO 作家詳細

堀文子

堀文子の高価査定ポイント

作家評価 1918年~2019年にかけ活躍した日本画家。東京に生まれる。女子美術専門学校に入学し、在学中から新傾向の日本画制作を実践する新美術人協会展に出品。61年からの2年半におよぶ欧米やメキシコをめぐる旅を経て、 65年には初の個展を日本橋髙島屋で開催。「(この個展によって)わたくしの中身から鬱積していたものが流れ出したよう」と語り、画家の新たな出発点ともなった。
技法評価 抽象的な表現や顕微鏡を通して見えるミクロの世界など、自然への畏敬や生命の神秘に対し、独自の感性や視点で描かれた掘文子の日本画作品は、大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 「花の画家」と呼ばれることもあり、花を描いた作品には定評があります。数ある作品の中でも椿や牡丹を題材にして描いた作品「椿」「花籠」「牡丹」などが人気で高価買取に繋がりやすいです。

西洋柄の花瓶に大きく盛られた仙人草と檜扇あやめ。国旗のような3色の背景と花瓶とのバランスが非常にデザイン性が高く、センスを感じる1枚なので弊社では高価買取致しております。

決して主役にはならない白山吹や雑草を愛しむように描いた作品。どんな小さな命も見過ごさず自然に敬意を示した作品の為、弊社では高価買取いたしております。

PAGE TOP