ARTIST INFO 作家詳細

濱田庄司

濱田庄司の高価査定ポイント

作家評価 明治~昭和にかけて活躍し、「民芸陶器」の技術において第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)として認められた文化勲章受賞の陶芸家。自らの手で造り出すシンプルな造形に、釉薬の流描による大胆な模様を施すという質朴で力強い作風で、世界中の陶人に広範な感化を及ぼしました。高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 観賞用として用いられたりと多様に使える「皿・鉢」はコレクターも多く評価も高く、「黒流描大皿」「白流描大皿」「赤繪角皿」「抜繪盛鉢」など「皿・鉢」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 「黒釉」「飴釉」「青釉」「鐵釉」「鐵砂釉」「藍塩釉」「糠釉」「白釉」「焼〆釉」「灰釉」「海鼡釉」「柿釉」「掛合釉」「塩釉」「地釉」などを用いた「益子焼」作品は人気もあり高価査定が期待できます。特に濱田庄司が得意とした「赤絵」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。
TOP > 買取ジャンル > 濱田庄司
PAGE TOP