ARTIST INFO 作家詳細

舟越保武

舟越保武の高価査定ポイント

作家評価 明治~平成にかけて活躍した、戦後の具象彫刻をを代表する彫刻家。生後間もない長男の死をきっかけに、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材にした作品を数多く生み出し、信仰の純潔・誠心・崇高さを詩情を交えて表明し続けた作家です。
技法評価 「ブロンズ」「大理石」を使った「立体作品」は希少で評価も高い
絵柄評価 「少女」「婦人像」などの「人物」をモチーフにした作品は人気もあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。
TOP > 買取ジャンル > 舟越保武
PAGE TOP