ARTIST INFO 作家詳細

福王寺一彦

福王寺一彦の高価査定ポイント

作家評価 昭和~現在に至るまで活躍している日本画家。自然から学ぶ事を基本にし、神秘的かつ抒情的な深い味わいを感じさせられるような繊細な筆致と塗り重ねられる濃密な作風が特徴です。父は日本画家の福王寺法林。
技法評価 作品の奥行きを感じることが出来る直筆作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 幻想的な自然を描いた「月光」「三日月」などは探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

大きな満月が黄金色に富士を照らし出しています。黄金の光は富士が放つまるでオーラのようです。山桜も夜のスポットを浴びたように美しく照らし出されています。人気が高く需要も高い為、高価査定が期待できます。

満月の光に照らされたスラッと伸びた糸杉。まるで古代遺跡のオベリスクのように長きに渡りそびえ立つ姿が神秘的な作品。人気作品の為、弊社では高価買取致しております。

TOP > 買取ジャンル > 福王寺一彦
PAGE TOP