ARTIST INFO 作家詳細

永楽善五郎

永楽善五郎の高価査定ポイント

作家評価 京焼の伝統ある家元であり、千家十職のひとつで「土風炉焼物師」として代々土風炉(どぶろ)、茶碗などを製作してきた。製品ひとつひとつの技術が高く数多くの人々から信頼され続けている。素焼きの器に黒漆を塗るという、独特の技術を駆使したものや、伝世品の写しなどが特徴。現在の17代は伝統を重んじながらも斬新で新しい世界を切り開き続けており、高価査定の期待度も高い作品が多いです。
技法評価 「茶碗」は茶道や観賞用として用いられたりと、幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「雲錦茶碗」「立田川茶碗」「腰捻茶碗」などは特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 「交趾」「祥瑞写」「仁清写」「南京写」「染付」「雲錦」などは人気が高く高価査定に繋がりやすくなります。特に「即中斎」「而妙斎」などの家元の書付があると評価が高く、高価査定が期待できます。
TOP > 買取ジャンル > 永楽善五郎
PAGE TOP