ARTIST INFO 作家詳細

沈寿官

沈寿官の高価査定ポイント

作家評価 当代の十五代にまでしっかり継承されてきた、420年以上続く薩摩焼の伝統ある窯元。十二代沈寿官は「透し彫り」「浮き彫り」の技術で「サツマ」を日本陶器の代名詞とまで世界に広め薩摩焼の振興に多大なる貢献を果たしました。高価査定が期待できる作品が多いです。
技法評価 茶道・観賞用として用いられたりと、さまざまな形や大きさがある「花瓶・壷」は幅広いコレクターがいるため評価が高くなる傾向があります。「赤七宝地雪輪草花図花瓶」「鳳凰文錦手大花瓶」「雲鶴文花瓶」など「花瓶・壷」作品は探しているということもあり特に高価買取をさせて頂きます。
絵柄評価 沈寿官を代表とする「黒薩摩」「色絵さつま」など「薩摩」作品は探しているということもあり高価査定に繋がりやすくなります。

五芒星の集合が目を引く作品。まるで蜂の巣のような複雑技巧、柄や脚まで顔が掘り出され、観る者を魅了する作品ですので弊社も高価買取致しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP