ARTIST INFO 作家詳細

ビュッフェ

ビュッフェの高価査定ポイント

作家評価 1928年~1999年にかけ、戦後派具象絵画の旗手として活躍した洋画家。あらゆるものの輪郭を黒い線に還元してしまうことから「線の画家」ともよばれ、平面的になりがちな線描でありながらも硬質で鋭く太い針金のような輪郭線と、モノトーンに近い色彩を特色とする独自の画風が特徴です。
技法評価 作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。特に版画作品の原画は高価買取に繋がりやすい傾向があります。
絵柄評価 「植物図集」シリーズや「バラ」「チューリップ」「ダリア」など「花」をモチーフにした作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

小さな花瓶に力強く咲き誇る真っ赤なチューリップ、絶妙な配置で活けられたチューリップは食卓を華やかに彩ってくれます。花の作品は非常に人気で弊社では高価買取致しております。

鋭い線描で道化師として生きて来た年月をも描き出している。赤、青、黄の三原色のコントラストが絶妙に使われた1枚。人気作品の為、弊社では高価買取致しております。

激しい描線で大胆に力強く描いたカルメン、数奇な運命をたどるカルメンの人生を演じる女優の強い決意を感じる作品。代表作の為、人気が高く需要も高い為、高額査定が期待できます。

フランスの象徴、凱旋門を図太く黒い線で力強く表現した1枚、見る者に強烈な存在感を感じさせる作品は人気で弊社では高価買取致しております。

TOP > 買取ジャンル > ビュッフェ
PAGE TOP