ARTIST INFO 作家詳細

ロジェ・ボナフェ

ロジェ・ボナフェの高価査定ポイント

作家評価 1932年~現在に至るまで活躍している洋画家。1950年パリ・モンマルトルに居を構え、多くの画家と交流するなかで才能を開花しました。1960年オランジェにて初個展。以後、フランス各地で個展を開催。1990年初来日。以後、日本各地で個展を開催し、好評を博しました。赤を基調とした独特の色遣いとタッチで描く作品は、シラク大統領も「成熟の赤」と評して絶賛しました。
技法評価 力強さと大胆な単略化と美しくシンプルな輪郭で描かれたロジェ・ボナフェの油彩作品は、大量に流通できないため評価も高く、探している作品ということもあり弊社では高価買取させて頂きます。
絵柄評価 簡略化されたマチエールの風景画に定評があります。「成熟の赤」と評される現代フランス画家ですので、やはり、作品に中に強いコントラストが生まれる赤色が入っている作品「夕暮れの糸杉」「糸杉の風景」などは非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。
TOP > 買取ジャンル > ロジェ・ボナフェ
PAGE TOP