ARTIST INFO 作家詳細

畦地梅太郎

畦地梅太郎の高価査定ポイント

作家評価 明治~平成にかけて活躍した木版画家界の巨匠。山をテーマにした版画で、山岳愛好家らに親しまれる作品が多いです。
技法評価 木版画は温もりが感じられ人気です。畦地梅太郎を代表する技法
絵柄評価 登山者の姿に自身の心境や思いを反映した「山男シリーズ」の絵などは、山岳雑誌「岳人」の表紙などにも使われており、全国的な人気を集めています。

厳しい山暮らしを友と助け合い乗り越えていく。大きなピッケルがこの山の険しさを物語っている。強化買取作家という事もあり、高価相場で買取致しております。

黒の岩、白の雪と景色は抽象化されているが、まるで熊男のような出で立ちが、山と共存してきた男の生きざまを一目で感じ取れる1枚の為、弊社では探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

山岳の冬は非常に過酷だが、鳥の生命力や火山の噴煙も勇気づけてくれる。温かい春を待ちわび冬をしのぐ山男の穏やかな心が表れている作品の為、人気が高く需要も高い為、高額が期待できます。

彼が厳しい山岳で生きてきた事は風貌で読み解ける、自然と同化した彼には鳥さえ警戒せず近づく。温かみのある作品ですので、弊社では高価買取致しております。

TOP > 買取ジャンル > 畦地梅太郎
PAGE TOP