ARTIST INFO 作家詳細

鴻池朋子

鴻池朋子の高価査定ポイント

作家評価 1960年秋田県生まれ。 85年東京芸術大学日本画専攻卒業後、玩具、雑貨の企画デザインに長年携わり、現在の制作活動の重要な核を形成する。 97年より作品を発表。 出品作品すべてを巻き込む展示力で、壮大なスケールの世界観を表現し高い評価を得ている。
技法評価 ソフトスカルプチャー、鉛筆画のアニメーション、絵画、彫刻、パフォーマンス、絵本などの様々なメディアを用いて表現している。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 人間として生きるための原始「狩猟採集」をテーマとした作品が人気で評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

原タイトルは、己の前に立ちあらわれるすべての純潔、すべての無垢、すべての清楚を手あたり次第に踏みにじること。全てに立ち向かい、目を見開いている少女の強い眼が印象的な作品。鴻池朋子は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

TOP > 買取ジャンル > 鴻池朋子
PAGE TOP