ARTIST INFO 作家詳細

高松次郎

高松次郎の高価査定ポイント

作家評価 1936年~1998年まで活躍した現代アーティスト。東京生まれ。絵画、ドローイング、写真、立体、パフォーマンスと、技法や素材を限定せず、シリーズ作品を展開。現実の世界と視覚的認識のズレを表現した。あらゆる分野に挑戦しながらも「影」のシリーズや「遠近法のテーブル」など、、終始一貫して観念性の深い知的な視覚表現を求め続けた。
技法評価 主に影(エナメル・板)、波の柱(彫刻) パステル、ドローイング、版画などを製作。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 代表作の「影シリーズ」「遠近法シリーズ」などは人気で評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

マクロなアンドロメダ星雲の星の連なりようにも、ミクロのシナプス前細胞のようにも見える。マクロとミクロの世界の関連性が紐解けるかのような高松次郎らしい作品。古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 高松次郎
PAGE TOP