ARTIST INFO 作家詳細

須田剋太

須田剋太の高価査定ポイント

作家評価 1906年~1990年まで~まで活躍した洋画家。ゴッホと写楽に傾倒し、独学で絵を学ぶ。1949年長谷川三郎と出会い、抽象画の道へ進む。1950年 森田子龍編集の「書の美」に論文を発表。以後「墨美」や墨人会同人との交流を通して書に深く傾倒。第3回日本抽象美術展をはじめ多くの国内外の美術展に作品を出品する。1971年司馬遼太郎に同行し、『街道をゆく』」の挿絵を描く。力強いタッチの構図と色彩が特徴。
技法評価 主に油彩やガッシュで製作されています。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 人物、動物、花など幅広いジャンルの題材を描きますが、近年は抽象画が見直され評価が上がっています。抽象画は、探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。
買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 須田剋太
PAGE TOP