ARTIST INFO 作家詳細

青島千穂

青島千穂の高価査定ポイント

作家評価 1974年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。東京で生まれ。日本的な妖怪や墓場の幽霊をモチーフに「異界との対話」をテーマとした作品を絵画や彫刻、映像などで発表している。デジタルアニメーション、彫刻作品を経て現在は直筆作品を製作している。
技法評価 主にオフセットの版画作品を製作。版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。
絵柄評価 死にまつわるものを描いていてもなぜか安らぎを感じさせてくれる絵柄は人気で評価が高く、高価買取に繋がりやすいです。

人間と自然の関係。人間は自然にはかなわない、でも人々が強く復興していく様子を見て、人にも自然に負けない強さがあると感じる。命がやどったようにニョキニョキ生えてくるビル群はまさに復興の証。の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

生と死の境界を越える世界。梅の木の実る人、地面のは養分を吸われた多くのシャレコウベ。食物連鎖のように命の繋がりが描かれている。死ぬ瞬間は怖いけれど、魂になってしばらくふらふらと漂うのを考えると、自然に溶けこめたような安らぎを感じる。青島千穂は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

時が幾年も過ぎ、巨大なシャレコウベに木々やツルが巻き付き、自然と同化しています。まるで遺跡のようにその土地に馴染み、人々が憩いの場として活用する不思議な絵柄です。青島千穂は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 青島千穂
PAGE TOP