ARTIST INFO 作家詳細

鈴木五郎

鈴木五郎の高価査定ポイント

作家評価 1941年~現在に至るまで活躍しいる「人のやらないことをやる」陶芸家。型にはまらない独創的な作品を生み出してきた。16歳で作陶をはじめた鈴木は若くして頭角を現し、28歳で訪れたアメリカではアートとしての陶芸にふれる。職人的な技を身につけながらも自由な感覚の作品を制作。その後、桃山陶芸を追求しながらも単なる模倣とはせず、オリジナリティあふれる技法を生み出し続けています。また、轆轤の達人が到達した造形は、空間を自由に遊ぶ不定形。そこに描かれた鈴木織部は形にまけない奔放さです。
技法評価 桃山陶芸を追求しながらも単なる模倣とはせず、オリジナリティあふれる技法で新たな陶磁器を生み出しています。オリジナル作品は大量に流通できないため評価も高く、高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 幅広く陶磁器を製作されてこられましが、その中でも黄瀬戸の作品は特に人気で高価買取に繋がりやすいです。

古瀬戸の流れをくむ淡黄色に発色した灰釉が見事に出ている1点です。特有の黄色が温かみを感じさせ、決して華やかではないが、日本人のわびさびの良さを感じさせる味のある茶碗に仕上がっています。弊社で探している作品ということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

TOP > 買取ジャンル > 鈴木五郎
PAGE TOP