ARTIST INFO 作家詳細

鄭相和(チョン・サンファ)

鄭相和(チョン・サンファ)の高価査定ポイント

作家評価 1932年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。韓国生まれ。70年代より一貫して続けている技法が、下塗りを施した画布に、油彩によって幾層にも色彩を塗り重ね、その後ナイフでその色層をマス目にそって掻き削るもの。この繰り返しによって、自らの心象にかなう色と形に仕上げていきます。鄭相和は、1956年に国立ソウル大学校美術大学絵画科卒業し、1963年にはソウルの中央公報館で初個展を開催しました。その後パリに渡りましたが来日してからは神戸に住むようになり、大阪の信濃橋画廊、東京の村松画廊ほかで個展を開催。アートナウ展(1975、兵庫県立近代美術館)等の招待出品も重ねるなど日本国内で精力的に活動する。再び渡仏し、現在はソウルに在住。
技法評価 主に油彩やアクリルで製作をされます。表面に直接ペイントするのではなく、絵の具を塗り重ねた層の表面を取り除き、グリッド構造を生成する。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 極限まで削ぎ落されたミニマルな美しさと繊細さを特徴とした「単色画(ダンセッファ)」が評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

白と黒のパターンは規則性と不規則性を交錯させながら相互に関連し合い、オール・オーヴァーの効果が生まれている名作。鄭相和(チョン・サンファ)作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

TOP > 買取ジャンル > 鄭相和(チョン・サンファ)
PAGE TOP