ARTIST INFO 作家詳細

遠藤彰子

遠藤彰子の高価査定ポイント

作家評価 1947年~現在に至るまで活躍している画家。暗緑色を基調とした背景に、複数の視点からなる建物、踊り場、広場などがあり、そこに多数の人物や動物が描かれ、全体として神秘的な印象を受けるような作品が特徴とされる。80年代前半の『街』シリーズは、工場、煙突、自転車などの近代産業文明をモチーフにしたエッシャーのような迷宮的空間だが、どこかデ・キリコのようなノスタルジックな郷愁感や質感があり、煙突は古代ギリシア神殿の大理石柱を思い起こされる。
技法評価 都市の中で暮らす人々の内面の不安が生み出した作品などを油彩で描いています。直筆作品は大量に流通できないため評価も高く、高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 幅広いスタイルの作品を描かれますが、その中でも現代神話のようなスケールの大きい作品、奥行があり、複数の視点からなる空間が描かれているものは特に人気で高価買取に繋がりやすいです。

古代ギリシア神殿の大理石柱を思い起こさせる迷宮的空間。そこはみな自転車で移動するノスタルジックな世界。なんとも言えない哀愁に満ちた魅力的な絵柄です。古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

トランプを楽しむ女性が3人。そこはまるで、空間も時間もあらゆる時空と繋がりいびつな世界が生まれています。しかしそこは時間を忘れられる自由で素敵な居場所なのかもしれません。探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 遠藤彰子
PAGE TOP