ARTIST INFO 作家詳細

船越桂

船越桂の高価査定ポイント

作家評価 1951年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。楠を使った木彫の半身像に大理石の眼を嵌め込む手法で人物像を制作する。詩的な佇まいと独特の静けさを備えた作品が国内外で高い評価を得ている彫刻家。楠を素材に半身像を彫り、大理石で出来た目をはめ込んだ船越の彫刻作品は、作品全体から醸し出される静けさや漂う気品でもって、多くの人々を魅了し続けている。
技法評価 主に木彫を中心に、版画やドローイング製作をされています。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 楠を素材に半身像を彫り、大理石で出来た目をはめ込んだ船越の彫刻作品は探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

船越桂のその作品には父親である彫刻家、舟越保武の作品の面影を持ちつつ、現代の造形感覚により手がけられ、遠くを見つめるように佇む彫刻は神秘的です。今作は版画ですが、3Dの彫刻を2Dに見事に落とし込んだ作品です。船越桂は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

舟越桂は「人間とは何か」という深層のテーマの追求をより深めます。スフィンクスのテーマから西洋彫刻の基礎である裸婦像に回帰しつつ、色彩や造形性は人体の平均的なバランスを離れ、シュルレアリスム的な具象彫刻に変化させました。今作も虚空を見つめる男性の人生の重みを感じ取れます。船越桂は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP