ARTIST INFO 作家詳細

浅野弥衛

浅野弥衛の高価査定ポイント

作家評価 1914年~1996年まで活躍した現代アーティスト。三重県鈴鹿市生まれ。中学卒業後 戦業軍人となり、かたわら自宅隣に住む詩人 野田理一の影響を受け画家を志す。戦後は、会社務めの傍ら美術文化協会に所属(63年退会)。42歳から画に専念。1950年代より“引っかき”という独自の技法により、抽象的なモノクロームの作品を多く描く。70年代以降は「ブルーチェス」シリーズなど美しい色彩が、線と響きあう世界を生み出した。生涯を鈴鹿の生家で過ごした。
技法評価 主に油彩で製作、その他にも鉛筆や墨、パステル、コラージュなども使う。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 「引っかき」という独自の技法を確立し、線を主体とした抽象作品が人気で評価が高く、高価買取に繋がりやすいです。

無数の線による叙情的な作品。白と黒のモノクローム、そして線を主体にし、紙に刻むことで得られた線が自在に戯れている。そんな画面がの典型的な作風をなしている。浅野弥衛は古い作品ですので、状態が良ければ相場以上の買取価格が期待できます。

TOP > 買取ジャンル > 浅野弥衛
PAGE TOP