ARTIST INFO 作家詳細

横尾忠則

横尾忠則の高価査定ポイント

作家評価 1936年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。兵庫県生まれ。56年より神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、59年に独立。唐十郎、寺山修司、土方巽といった舞台芸術のポスターなどを数多く手がけ、69年にパリ青年ビエンナーレ版画部門大賞を受賞。72年にはニューヨーク近代美術館で個展を開催するほどの活動を見せるも、80年7月に同館で開催されたピカソ展に衝撃を受け、「画家宣言」を発表。以降、画家としてニュー・ペインティングととらえられる具象的な作品を制作するようになる。洞窟や滝といった自然風景から、俳優、ミュージシャンといったスターたちの肖像画まで、多様な作品を手がけることでも知られている。
技法評価 主にシルクスクリーンを用いた版画を製作しています。版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。特にヴィンテージのポスター絵柄が高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 コラージュのような色鮮やかなポスター作品やサイケデリックで風刺性が高い作品は特に人気で高価買取に繋がりやすいです。

歯が抜けて、よだれを垂らしている強烈なインパクトがあるおかっぱの女性。上海万博記念に描かれた作品ですが、共産国の統一性とパワーを感じ取れます。しかし彼女の表情から中国の未熟な部分も垣間見れる風刺性がある作品。愛好家らに親しまれる作品が多いので高額査定が期待できます。

TOP > 買取ジャンル > 横尾忠則
PAGE TOP