ARTIST INFO 作家詳細

杉本博司
の買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

杉本博司 「BAY OF SAGAMI,ATAMI」の買取画像
杉本博司作品を他社よりも高い買取価格で査定しています。
買取査定のポイントや査定シミュレーションを使ってお手持ちの
杉本博司作品の買取情報を確認されてください。簡単LINE査定も受付中
           

杉本博司の買取査定のポイント

作家評価 1948年~現在まで活躍している日本の写真家。1970年渡米、1974年よりニューヨーク在住。杉本博司のアートは歴史と存在の一過性をテーマとしている。そこには経験主義と形而上学の知見を持って、西洋と東洋との狭間に観念の橋渡しをしようとする意図がある。時間の性質、人間の知覚、意識の起源、といったテーマがそこでは探求される。写真家以外にも現代美術作家、建築家、演出家など多岐にわたる。文化功労者、日本芸術院会員。東京都台東区旧・御徒町出身。東京及びニューヨークを活動の拠点としている。
技法評価 映画一本分を長時間露光で撮影し、光や時間の流れ、歴史を象徴するというコンセプトの「劇場」を製作するなど、テーマやコンセプトによって撮影方法を変えている。
絵柄評価 海景、劇場、ポートレート、蝋人形/恐怖の館、陰翳礼讃、ジオラマ、建築などこれらをテーマにした作品は人気で、探しているということもあり高価買取に繋がりやすいので高額査定が期待できます。

杉本博司の買取価格情報

杉本博司 「BAY OF SAGAMI,ATAMI」の買取画像

写実的という言葉があるように、写真は実際にあるものをそのまま写すことが本来の機能であるが、全体的にボケが出る技法を用いることで、抽象的な作風へと変貌している作品。買取相場は150万円~250万円前後の価格となります。杉本博司の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 杉本博司
PAGE TOP