ARTIST INFO 作家詳細

嶋本昭三

嶋本昭三の高価査定ポイント

作家評価 1928年~2013年に至るまで活躍した現代アーティスト。具体美術協会の設立からのメンバーのひとりであり、パフォーマンス主導のスケールの大きな創作で群を抜く。鉄パイプに絵具を詰めてガスで爆発させる「大砲絵画」、絵具の詰まったガラス瓶を高所から叩きつける「瓶投げ」の手法など、欧米で人気を博す。「行為の軌跡」そのものである嶋本作品は具体の精神を端的に表しており、日本の現代アートの国際化にも貢献した。通信網を用いてのメール・アートにいち早く注目するなど、常に時代の先駆けであった。
技法評価 筆という一般的な道具を用いた表現方法から離れ、画面を破壊するような行為そのものがアートだと示した。塗料を詰めた瓶を画面に投げつけ、粉々となった瓶の破片や画面上に分散する塗料の跡をそのままタブロー作品にするという「ビン投げ」パフォーマンスなど技法に捕らわれていない。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 絵具を詰めたガラス瓶をキャンバスに置いた石に投げ付ける「投擲(とうてき)絵画」は人気で、評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
TOP > 買取ジャンル > 嶋本昭三
PAGE TOP