ARTIST INFO 作家詳細

山口晃

山口晃の高価査定ポイント

作家評価 1969年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。東京都生まれ。1994年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、1996年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了。 合戦図や街の鳥瞰図等をモチーフに、大和絵や浮世絵のようなタッチで緻密に人物や建築物などを描き込み、ユーモアとシニカルさを織り交ぜた作風で知られる日本を代表する画家です。
技法評価 主に木版画を製作。版画作品はアーティストの表現の幅を広げるツールとして支持されており、インテリアとしても非常に人気で需要の高い技法です。
絵柄評価 日本画風の精緻な構図と超絶技巧テクニックによって描き込まれた作品は非常に人気で、評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

坊ちゃんの舞台とした「夏目漱石」が、道後の街中を見下ろす伊佐爾波神社まで続く参道を歩いている。現代の浮世絵と呼ばれているように、道後の情景をレトロな雰囲気で表している。緻密に描く山口晃は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

現代の日本橋と首都高速道路の上に、歌川広重の日本橋を連想させる橋が架かっている。渡し舟、水上バス、人力車、路面電車、自動車。歴史ある日本橋を舞台に、江戸から現代へと移り変わった情景が絶妙にミックスされている。人気のある新東都名所シリーズの作品。山口晃の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

スカイツリーと東京タワーが融合したかのような電波塔。江戸と現代の東京の景色が違和感なく織り交ぜられ、奇想天外な世界が誕生している。伝統の浮世絵が古臭さを感じさせない演出が素晴らしい作品。山口晃は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

PAGE TOP