ARTIST INFO 作家詳細

小泉悟

小泉悟の高価査定ポイント

作家評価 1983年~現在に至るまで活躍している彫刻家。宮城県生まれ。2009年沖縄県立芸術大学大学院造形芸術研究科彫刻専修修了。都内ギャラリーでの展示を中心に、ソウル、ロサンゼルス、シンガポール、台北など世界のアートフェアで発表を続ける。
技法評価 主に木彫やポリストーンでの立体作品を製作している。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 動物と人間をモチーフにその両者を組み合わせ、まるで着ぐるみのように動物の表皮を被った人物像が人気で評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

いくら熊手で砂を集めてもバケツに砂を入れることはできない。無表情ながらも、その立ち姿から悔しさが滲み出ている。子供のかわいさだけではなく、未熟さ非力さも表現している作品となっている。小泉悟は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP