ARTIST INFO 作家詳細

小松美羽
の買取価格・高額査定ならミライカ美術にお任せください

小松美羽作品を他社よりも高い買取価格で査定しています。
買取査定のポイントや査定シミュレーションを使ってお手持ちの
小松美羽作品の買取情報を確認されてください。簡単LINE査定も受付中
           

小松美羽の買取査定のポイント

作家評価 1984年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。長野県坂城町生まれ。女子美術大学短期大学部卒業。2014年、出雲大社へ「新・風土記」を奉納。2015年、有田焼の狛犬作品「天地の守護獣」が大英博物館日本館へ永久展示。2016年、ニューヨークにて「The Origin of Life」を発表。同作は4ワールドトレードセンターに常設展示されている。2017年、東京ガーデンテラス紀尾井町にて個展を開催。9日間で3万人を集客。2018年、北京で開催されたアートアワード「Tian Gala 天辰 2017」にて「Young Artist of the Year 2017」を受賞。
技法評価 アクリル絵具でダイナミックに描く作風が特徴です。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 万物に魂が宿る八百万神の概念や、古くから伝わる神話にも頻繁に登場する霊妙な力をもつ神獣などを描いた作品が人気だが、その中でも特に代名詞である「狛犬」を描いた作品は特に人気で高価買取に繋がりやすいです。

小松美羽の買取価格情報

小松美羽-「神事の時、出会う」の買取作品画像

一貫して神獣たちを描き続ける小松美羽。万物に魂が宿っているという、日本人が古来より信仰してきた八百万の神々の概念をもとに、今作品も伝統と現代的な芸術観を融合させている。小松美羽は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

小松美羽「アクリル」の買取作品画像

小松美羽作品探しています。小松美羽の買取・査定はミライカ美術にお任せください。他社よりも高い買取価格で査定しています。

小松美羽「見定めの時」の買取作品画像

ギラつく瞳でこちらをまっすぐと見据える異界の獣。行く手を遮り、私達を観察する。思わず立ちすくんでしまうような恐怖すら感じられ、獣が通してよいか、見定めている。買取相場は70万円~80万円前後の価格となります。小松美羽は強化買取作家という事もあり、高価相場価格で買取査定しております。

小松美羽「狛犬様と共に」の買取作品画像

翼が生えている狛犬様たちは、阿吽の口の形をしている。本来は左右一対で並んでおり、角も一本までのものが多い。小松美羽が新たに見た狛犬様の姿なのかもしれない。威風堂々たる作品。買取相場は60万円~70万円前後の価格となります。小松美羽は、注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取価格にて査定しております。

小松美羽「芽吹く里山の春風の先で山犬様を見つける」の買取作品画像

山間深く入ると、阿吽像のように山犬様が双璧をなしている。禍々しいまでの迫力だが、春の訪れを待っていたかのように現れてくれた。額にある花飾りが春の芽吹きを感じさせてくれる作品。買取相場は60万円~70万円前後の価格となります。 小松美羽は、探しているということもあり高価買取に繋がりやすい傾向があります。

小松美羽「Will-gathering-to-the-center」の買取作品画像

「全方位 中央へ・・・告げ応え飛ぶ」という言葉とともに、より大きなエネルギーを得るために、一度中央に集めて解放させる。祈りの神獣を大胆な表現力と感性で描いている作品。買取相場は70万円~90万円前後の価格となります。小松美羽は、愛好家らに親しまれる作品が多い作家ですので高額査定が期待できます。

小松美羽「守護神-水」の買取作品画像

全ての生命にとって必要不可欠な水。姿かたちを変えながら水は至る所に存在しているが、我々人間が生命活動に必要とする飲み水としての水は非常に少ない。そんな貴重な水に、日本人は古くから信仰し崇めてきた。日本古来の伝統を表現している作品。買取相場は70万円~80万円前後の価格となります。小松美羽の作品は探しているということもあり、相場以上の買取査定価格が期待できます。

小松美羽「天・狛犬」の買取作品画像

幼少期より神社に行くと、妖怪のような存在が見えていたという小松美羽。幼い時より見てきたという小松美羽にとって、狛犬は原点となっていると言っても過言ではないだろう。「地・狛犬」とは対になっている作品。買取相場は100万円~110万円前後の価格となります。小松美羽は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取致しております。

小松美羽「Un-」の買取作品画像

神社によく奉られている狛犬の阿吽像がモチーフとなっている。仏教では「人生の始まりから終わりまで」を意味していると言われている。この作品は真っ赤で染められており、狛犬も気合が入っている。「吽は終わりまで」というように、最後までエネルギッシュにという意味が込められているのだろうか。「阿」とは対になっている作品。買取相場は60万円~70万円前後の価格となります。小松美羽の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

小松美羽 「アマビエ様出現」の買取作品画像

アマビエ様とは、江戸時代、熊本の海に現れ、向こう6年の豊作と疫病の流行を予言し、(疫病が流行ったらわたしの写し絵を早々に人々に見せよ)と言って海中に姿を消した、鳥のようなクチバシを持つ半人半魚の妖怪です。世界は歴史的な潮目を迎えています。私たちが直面しているコロナ危機は、ペスト、コロンブス交換、スペイン風邪と並ぶ、文明史に残るパンデミックになるでしょう。買取相場は50万円~60万円前後の価格となります。この危機を無事乗り越えられるよう願って描かれたと思われる作品。小松美羽は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取価格にて査定しております。

小松美羽 「Ah  阿吽」の買取作品画像

禍々しいまでの迫力のある狛犬様の形相。小松美羽の描く神獣、聖獣に特徴的な瞳の描写です。こちらをまっすぐと見据える異界の獣たちの瞳は、色鮮やかな絵画の中でもひときわ色彩に富み、思わず立ちすくんでしまうような恐怖すら感じられる作品です。買取相場は80万円~90万円前後の価格となります。小松美羽の作品は探しているということもあり、相場以上の買取査定価格が期待できます。

小松美羽 「地・狛犬」の買取作品画像

金と黒がまるで陰と陽の表現に感じる背景。深い紅色の狛犬が威嚇すのかのような通りを塞ぎます。たなびく旗の如く逆立つ尾が正に警戒モード。買取相場は80万円~100万円前後の価格となります。小松美羽は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取致しております。

小松美羽 「Holy Bird of Iwahana」の買取作品画像

小松美羽の絵は、人を守ってくれる神獣が描かれ、ピースフルな作品だ。普通の女性に見えるが「大和パワー」に圧倒される。真実と創造を結びつける力のある作品に皆、引き付けられる。買取相場は200万円~250万円前後の価格となります。小松美和の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

小松美羽 「干支神獣 酉年」の買取作品画像

万物に魂が宿る八百万神の概念や、古くから伝わる神話にも頻繁に登場する霊妙な力をもつ神獣など、日本の伝統的な文化に現代的な芸術感を融合させた独自の表現です。中央に酉を配した独特のレイアウトが魅力的。買取相場は80万円~100万円前後の価格となります。小松美羽は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

小松美羽 「干支神獣 猫年」の買取作品画像

大きく見開いた目。鋭く尖る牙。勢いよく逆立つ毛。一見、人間を威嚇し、傷つけてしまうような風貌のモチーフながら、小松美羽は独自のタッチや色使いで見る者の心に訴えかける。中央に猫を配し、虜かまれるように守られている。現実には猫年が無いのだが、独自の視点で描き上げた力強い作品。買取相場は80万円~90万円前後の価格となります。小松美羽の作品は探しているということもあり、相場以上の買取価格が期待できます。

小松美羽 「塔を前にかまえる」の買取作品画像 シルクスクリーン

塔を背後に威嚇するように構える狛犬。毛は黄金に輝き、神の使いのように神々しい。版画ながら存在感と立体感を感じる意欲作。 小松美羽は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

小松美羽 「狛犬様 三心一体」の買取作品画像  シルクスクリーン

二対の狛犬がこちらに向かって来るかのような迫力ある絵柄。画面全体からエネルギーを感じ取れる筆致と配色、一度見たら忘れられないインパクトが魅力の作品。買取相場は80万円~90万円前後の価格となります。小松美羽は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取致しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
関連記事
・神獣を宿す画家◆小松美羽◆
TOP > 買取ジャンル > 小松美羽
PAGE TOP