ARTIST INFO 作家詳細

小木曽誠

小木曽誠の高価査定ポイント

作家評価 1975年~現在に至るまで活躍している洋画家、非常に緻密で細密な技法を駆使、究極のリアリズムに挑戦されています。特に女性の描き方が美しく、紫色をうっすら塗った後に緑に近い色合いで点描を打つ、筆触分割法という方法は印象派の技法を使いより、リアルな肌の質感を生み出しています。
技法評価 油絵具、テンペラ絵具を駆使して超絶技巧、細密なタッチで最高の写実表現を生み出しています。直筆作品は大量に流通できないため評価も高く、高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 イタリア、チェコ、ポルトガルなどのヨーロッパ風景、艶やかな女性像などを得意としていますが、やはり、艶やかな女性像の絵柄は非常に人気の作品で高価買取に繋がりやすいです。

スペインにあるセリビアの街を細密に描いた作品。フラメンコや闘牛のメッカであり、伝統文化が色濃く残り、細い路地が複雑に入り組む旧市街の空気感まで感じ取れる力作。全国的にも人気を集めていますので高額査定が期待できます。

TOP > 買取ジャンル > 小木曽誠
PAGE TOP