ARTIST INFO 作家詳細

天野タケル

天野タケルの高価査定ポイント

作家評価 1977年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。東京出身。1997年より単身ニューヨークへ行き版画工房で修行し、2000年より東京で活動を開始。絵画、彫刻のみならずグラフィックデザイン、アートディレクター、映像作家、映画監督としての作品も多数。 岡本敏子賞を受賞。現在はフランス・パリを拠点に活動しており、国内外の展覧会に参加している。父親はイラストレーターの天野喜孝。
技法評価 原画はアクリル絵具やスプレーを使用し独特の質感を表現している。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 無機質な黒丸の瞳をした女性像の「ヴィーナス」シリーズなどの作品が、非常に人気で評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

無機質に瞳を塗りつぶし明快な色彩に極限まで簡略化された線で描かれたモチーフのヴィーナルシリーズはかわいさと儚さを持ち合わせている天野タケルらしい傑作です。全国的にも人気を集めている作家ですので、高価相場価格で買取査定しております。

TOP > 買取ジャンル > 天野タケル
PAGE TOP