ARTIST INFO 作家詳細

天明屋尚

天明屋尚の高価査定ポイント

作家評価 1966年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。東京都生まれ。日本伝統絵画の技法を取り入れ、現代に転生させる独自の絵画表現「ネオ日本画」を宣言。2006年サッカーW杯ドイツ大会FIFAワールドカップ公式アートポスターでは、日本代表作家として唯一選出されました。華美(過美)で覇格(破格)な美の系譜を“BASARA” として提唱し自らのスタイルとして、伝統的に描かれてきた技法を継承しながらも、これまでの日本画の常識や慣習を打ち破り、かつ発展的に改変し、現代に生きるテーマを積極的に取り入れています。独自のコンセプトと作品世界は国内外から高い評価を得ている。
技法評価 主にアクリル絵具、木、ブラックジェッソ、金箔などを使い製作。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 日本画と現代風俗を絶妙に取り入れた「ネオ日本画」は評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

幕末の奇想絵師といった、日本のストリートに連綿と根づいてきた華美にして破壊的な美の系譜を独自のコンセプトから作品生み出している。真っ白の肌の女性の背中におぞましき蜘蛛が蝶を捉えている。物語性の高い絵柄が興味を掻き立てる。 天明屋尚は強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

甲冑を纏って戦う様は、「絶対に負けられない戦いがそこにある」の言葉にリンクし、アイキャッチで伝わる天明屋尚の名作。弊社で探している作品ということもあり、相場以上の買取価格が期待出来ます。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 天明屋尚
PAGE TOP