ARTIST INFO 作家詳細

北大路魯山人

北大路魯山人の高価査定ポイント

作家評価 1883年~1959年にかけ活躍した日本の芸術家。晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。魯山人が手がけた作品は、実に2、30万点とも伝えられ、これは普通の陶芸家が手がける生涯の製作総数を上まわる驚異的な点数です。そのほか、書や篆刻(てんこく)、絵画などでも優れた作品を残しました。魯山人作品は、現在も美術市場で群を抜いた人気があります。
技法評価 篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っている芸術家でした。特に陶器は評価が高く、轆轤(ろくろ)を使わないでつくられた器からは、先生の激しさが伝わります。表面に加工された凹凸や、粘土を切りとった跡が、大胆不敵な芸術性が浮き彫りし、端整な陶磁器とは対極にある力強さがあります。オリジナル作品は大量に流通できないため評価も高く、高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 北大路魯山人先生は実生活で使うためのことも考えて陶器をつくっていた為、手にもつ器であれば手に馴染む作品、料理を盛り付ける器は盛りつけたそのときに美しいなる作品がやはり非常に人気で高価買取に繋がりやすいです。

大振りな白磁の花瓶にスラリと青い筆で書かれた詩が印象的な作品。大きく主張せずわびさびの効いた、あくまで花を主役にした作品。珍しい作品で、相場に左右されにくい為、高価買取致しております。

TOP > 買取ジャンル > 北大路魯山人
PAGE TOP