ARTIST INFO 作家詳細

加藤泉

加藤泉の高価査定ポイント

作家評価 1969年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。胎児、昆虫、子供、植物、人間などの中間を思わせる、原始的で匿名的な生命体を主なモチーフとして、有機的なフォルムを特徴とする油彩画や木彫を制作。近年はソフトビニール素材を用いた立体作品、リトグラフなどにも取り組む。2004年から木彫作品を発表し、近年はソフトビニールを使った立体作品を制作している。2007年には第52回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際企画展に参加し、世界のアートシーンで一躍注目を浴びる。
技法評価 主に油彩、パステルで描き、立体作品も多く手掛けます。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 不穏な顔をした子供、手足の発達した胎児、不明確な形をした体に閉じ込められた幽体。などが代表作で高価買取に繋がりやすいです。

ムンクの叫びのように歪んだ表情が特徴の絵柄。サーモグラフィーのような配色に胎児がそのまま成長したかのような独特の様相が観る者を引き付ける作品。加藤泉は現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取致しております。

PAGE TOP