ARTIST INFO 作家詳細

井田幸昌

井田幸昌の高価査定ポイント

作家評価 1990年~現在まで活躍している現代アーティスト。鳥取県生まれ。2016年東京藝術大学油画専攻卒業、19年同大学大学院油画修了。一貫して「一期一会」を制作のコンセプトに、アンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキアなど時代のアイコンをモチーフとした「Portrait」シリーズや、自身の心象風景や身近な無名の人々を出会ったその日に描く「The end of today」シリーズなどを発表している。二度とない「いま」を表現し、画面上に過去と現在を同時に投影させた作品を通して、他者の存在とは何かを問う。一貫したテーマは「一期一会」。「今、という二度と体感できない時」を表現している。二度と起こらない出会いや感情の動き それをカンバスに塗り込め製作している。
技法評価 主にキャンバスに油彩の厚塗りの作品を製作している。オフセットプリントなども手掛ける。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 著名人のポートレートアートや人物画が人気で、評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

アメリカの大衆音楽が生んだ戦後最大のスターエルビス・プレスリー。南部黒人音楽の中心地メンフィスで貧しい白人労働者家庭に育ち,黒人のリズム・アンド・ブルースをまねて歌ったのが,ロックンロールの創始者の一人としての栄光につながった歌手です。井田幸昌が敬意を込め、大胆で迷いの無いタッチで描いた作品。躍動的で今にも歌い出しそうな絵柄だ。井田幸昌は、現在注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高価買取価格にて査定しております。

バスキアは、歴史的な事件や現代社会問題を主題として、詩、ドローイング、絵画などテキストとイメージを織り交ぜながら、抽象的あるいは具象的に描いた作家だ。また、「個々に対する深い真実を出発点」として、作品内にそれらの要素を社会批評を通して表現している。井田幸昌の解釈でバスキアを描けば、まるでオーラまで描いているように見える。マーブル模様に絵の具が交錯し多彩なグラデショーンを生み出している作品。井田幸昌は、強化買取作家という事もあり、高値相場で買取しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 井田幸昌
PAGE TOP