ARTIST INFO 作家詳細

中村萌

中村萌の高価査定ポイント

作家評価 1988年~現在に至るまで活躍している彫刻家。主に楠の丸太から造形を彫り出し、油絵具で彩色して、自身を投影した不思議な姿の作品を作り続けています。ドローイングをもとにして生まれる作品は、初期衝動的なダイナミックさを残しながらも、鑿跡は上品さを増し、作品の強度を見せている。
技法評価 主に木彫、ポリストーンなどの立体作品を製作。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 植物や雲などをまとった妖精のような姿をした、ふっくらとした作品が人気で、評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

自らの分身というキャラクター達は、ほんのりと作者の面影を感じられる。作者の穏やかな雰囲気そのままに、頭に木が生えた姿は森の精霊かの如く、優しいまなざしでこちらを見守ってくれいてるようだ。中村萌の作品は探しているということもあり、相場以上での買取価格が期待できます。

まるでおばけのようだ。顔全体の表情は見えませんが、目じりは下がっていて楽しく遊んでいるようです。誰しもが子供のころ、おばけごっこで遊んだことがあるでしょう。そんな幼少期の昔懐かしさを感じます。買取相場は120万円~140万円前後の価格となります。中村萌は注目作家で今後の相場上昇も期待出来る為、高値買取価格にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
PAGE TOP