ARTIST INFO 作家詳細

下田ひかり

下田ひかりの高価査定ポイント

作家評価 1984年~現在に至るまで活躍している現代アーティスト。短大卒業後、イラストレーターを目指し、イラストレーション青山塾で2年間学んだ後、2008年より現代アーティストとして活動を開始。 子どもをモチーフとしながら、現代社会の人々が抱えている問題をテーマにペインティングを制作。日本独自の「イラスト」表現をベースに、可愛いさと恐ろしさが同居する世界を展開。書籍の装丁に作品が使われるなど、10代、20代の若年層を中心に、ネットを通じて国内外にファンを持つ。2011年4月に ニューヨークのFoley Galleryにて個展を開催、好評を博す。東京を中心に、個展・グループ展に多数参加。
技法評価 主に油彩、アクリル、水彩で製作。立体作品も手掛ける。作家自身が手がけたオリジナル作品は大量に流通できないため評価が高く高価買取に繋がりやすいです。
絵柄評価 日本のイラスト表現をベースに可愛いさと恐ろしさと孤独が同居する世界を表現する作品が人気で評価が高く高価買取に繋がりやすいです。

カラフルな色使いで可愛らしい少年の顔つきは、無表情でどこか寂し気な表情。口も一文字に結んでいる。下田ひかりの「世界は相反する事象の集合である」というテーマから、作品に対する違和感を発信しているメッセージ性の高い作品となっています。下田ひかりは今後の相場上昇も期待できるため、高価買取にて査定しております。

買取方法について確認する
買取について相談する
FREE VOICE

0800-600-7787 通話無料:9:00~19:00(日祝除く)

買取査定について
おおよその作品価値を調べる
TOP > 買取ジャンル > 下田ひかり
PAGE TOP